« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の3件の記事

2011年11月26日 (土)

中国で一番有名な日本人/【書評】『われ日本海の橋とならん』


自称「中国で最も有名な日本人」、加藤嘉一氏の著書です。
中国に住む人間としては読まずにはいられませんでした。
中国で最も有名と言いつつ、新浪微博のフォロワーは、加藤氏94万に対して今のところ蒼井そら(820万超!)の方が多いんですが。
そして原紗央莉が62万と猛追しているんですが、それは置いといて。

加藤氏は中国においては「年間300本以上の取材を受け、200本以上のコラムを執筆し、100回以上の講演を行い、毎年2~3冊のペースで書籍を出版している」(7ページ)ほどの有名人だそうです。
最近は日本での活動も増えてきたようで、「朝まで生テレビ!」にも出演しているそうな。

ネット界隈で彼の名前が大きく知られるようになったのは、李小牧という人の書いた「中国で一番有名な日本人、加藤嘉一君への手紙」と題する記事がきっかけだと思います。
この記事にコメントする形で、主に加藤氏への批判が聞こえるようになりました。
その時の様子はこのあたりが参考になります。

---加藤嘉一を論じる
http://togetter.com/li/160484

---そんなに「加藤嘉一くん」は悪者か?…から始まったカオス的大討論
http://togetter.com/li/160499

主な批判は、彼が二枚舌であるとか、日本社会を知らないとかいうところにあるのだと思います。
そもそも「中国で最も有名な日本人」という肩書を自分で名乗ってしまうくらいビッグマウスなので、叩かれる素養は元から充分にあります。
単なる妬みに基づく批判(というか暴言)も少なからずある気がしますが、そういうのはほっとけばいいです。
彼の中国での活動には詳しくないので、二枚舌や社会を知らないという批判については大したことが言えないのですが、そういうことはあるかもしれないとは確かに思います。
彼に関する最もクリティカルな批判はこれではないでしょうか。

---加藤嘉一さんについて私が思うこと
http://zhongwenfanyi.blog69.fc2.com/blog-entry-553.html

要約すると、「彼は大したことを言っていないがなぜか重宝されている。中国政府がいいように利用したいだけなのではないか」という批判です。
もっとも、中国当局の意向と加藤氏本人の意向は別々です。
基本は彼の主張や行動によって評価すべきです。
下手なことを言えばつぶされる人間の主張や行動を評価することほど難しいこともない気もしますが。

彼に関して良い評価をすべき点は、日本と中国の間に立ち、1.中国で、2.中国語で、3.中国人に向けて、4.日本人として、発信していることです。
そして、最近では、日本で、日本語で、日本人に向けて発信する機会も増えてきました。
このポジションで活動できる日本人は、過去にいたかどうかは知りませんが、少なくとも現在ではいません。
まさに「日本海の橋とならん」としていることがうかがえます。
彼の主張や活動を精査することは必要ですが(そして現在それをできる立場の人間がいないのは問題ですが)、この立場を確立したことは称賛すべきでしょう。

思えば、これまでは、中国に関することは、中国マニアが、中国マニアに向けて、マニアックに発言していたという状況ではなかったでしょうか。
私は中国に来る前に、中国関係の本を読もうと探してみましたが、適当な難易度のものがなかなか見つかりませんでした。
小田空さんのエッセイ『中国の思う壺』なんかは、難易度はちょうどよかったですが、現代の中国の状況を扱ったものではありません。

本書は、その「ちょうどよい」部分に当てはまる本だ、というのが私の評価です。
中国社会についてわずかでも関心を持つ人にはぴったりなのではないでしょうか。
加藤氏についての批判によくあるように、考察が浅いと感じる部分はありますが、本書があるテーマについて深掘りするタイプの本ではない以上、その点についてはあまり批判できません。
むしろ、現代中国をとりまく状況を広範にカバーしながら、「日本人よ、外を向け!」というメッセージに帰着させている点を評価すべきです。
中国社会を考える第一歩として有用ですが、個々の日本人の在り方を考えるきっかけにもなると思います。

今後筆者に期待することは、彼に寄せられる批判を、あるものはスルーし、あるものには反論し、クリティカルなものについては改めることです。
あとは、彼がインタビューや文献の渉猟を行って書きあげた、濃度の高い著作が読みたいですね。

2011年11月16日 (水)

ソーシャルなLang-8のコミュニティ/【書評】『日本的ソーシャルメディアの未来』

最近は、mixiだのtwitterだのFacebookだのGoogle+だのLinkedInだの、ソーシャルメディアなるものが乱立しています。
中国では基本的に世界的なSNSには接続できないことになっているんですが、ではこういうものが全くないかと言うとそういうことはなくて、
MSNメッセンジャーみたいなQQやtwitterみたいな微博、Facebookみたいな人人网など、代替的な国内産サービスが普及しています。
東南アジアでもFacebookを使っている人は多くいると聞きますし、(なにせfacebookサンダルが売っているくらいだ)世界的な規模で普及しているらしい、このソーシャルメディアとやらは。
で、そもそもソーシャルメディアってなんなんだ、というところから始まり、あわや日本の教育の問題にまで発展しかけたのがこの本である。

本書の大前提として、共同体(コミュニティ)と社会(ソサエティ)の違いが最初に述べられる。
共同体(コミュニティ)は成り立ちに置いて生得的で、規模は一般的に小さく、メンバーは同質的で、全てのメンバーが同じ時間を共有する(地域共同体の祭りをイメージするとわかりやすい)という長期的な関係を結ぶ。
一方の社会(ソサエティ)はこの逆で、メンバーの契約によって成り立ち、規模は大きく、メンバーが多様で、メンバー同士が過ごす時間は短期的で流動的である。
これが社会学の基本らしい。
少し前までは「ネットコミュニティ」という言葉が一般的だったのが、現在は「ソーシャルメディア」という言葉が台頭してきたことからもわかるように、
インターネットの世界は共同体(コミュニティ)と社会(ソサエティ)の両方の性質を兼ねそろえている、というのが筆者の基本的な認識である。
この認識から、なぜおじさんはソーシャルメディアを使いこなせないのか、なぜソーシャルメディアに疲れるのか、などの話に発展するが、それは本を読んでいただくとして。

Lang-8というSNSがある。
言語を勉強できるよう、書いた日記を添削し合うことのできるSNSである。
このSNSを共同体(コミュニティ)と社会(ソサエティ)という観点から分析してみると面白いのではないかと思う。

Lang-8で日記を書くと大抵の場合は10分以内に添削してもらえる。
それは自分が母語として使っている言葉(僕だったら日本語)で書かれた最新日記が個々人のマイページに表示されるようになっているからである。
一方で、Lang-8ではmixiやFacebookのように、双方の合意によってフレンドになることができる。
フレンドが書いた日記もまた、新しい順にマイページに表示される。
つまりLang-8で書いた日記が添削される主なルートは、フレンドでない人がたまたま日記を目にして添削してくれるか、フレンドが読んで添削してくれるかのどちらかである。
たまたま日記を添削してくれた、現在フレンドでない人と、その後フレンドになるかどうかは双方の働きかけ次第である。
Lang-8には、Facebookやtwitterのような、知り合いやお勧めのユーザーを知らせてくれる機能はないので、フレンドは色んな性質の人が集まりやすいといえる。

Lang-8の特徴を挙げると、次のようになる。
1.ユーザーが全世界にいる
2.関係が比較的流動的
3.フレンドの性質が多様

ここから、Lang-8は社会(ソサエティ)的な要素が強いということができる。
色んな人に日記を見てもらえるのはLang-8の強みではあるのだが、逆に弱みであるのかもしれない。
もう少し共同体(コミュニティ)的な要素を強くしてもよいのではないかということである。
例えば、同じ興味を持った人同士が集まった方が、お互いの日記を添削しやすいことがある。
具体的には、スポーツや自然科学など専門用語が使われる記事を添削する際には、言語能力とともに、テーマに対する知識も必要である。
中国ではマイナースポーツである野球について書くと、なかなか添削がつかない。
しかし、野球の好きなフレンドを探しやすくする、あるいは野球が好きな人には野球の記事が表示されやすくなる、などのシステムがあれば、この問題は解決できる。
同質的なフレンドと出会いやすくする、つまり共同体(コミュニティ)的な要素を入れることで解決を図るのである。

もっともLang-8は現在、1人で運営しているような状況らしいので、早晩なんとかしろというのは酷かもしれない。
ディープな交流がしたければ、システムに頼るよりも、自分の力でコミュニティを作りなさいということですわね。

2011年11月13日 (日)

デイリーポータルZの様式美とノイジーなインターネット

デイリーポータルZというサイトがあります。
毎日ゆるいレポートを更新しているんですが、これがなかなか面白いです。
運営しているのはプロバイダーサービスなんかをやってる@niftyなんですが、僕の中ではニフティというとデイリーポータルZのイメージが強いです。
まだインターネットが普及していなくて、パソコン通信とかよばれてた時代からパソコンをいじくりまわしていた人たちからすると、ニフティと言えばニフティサーブかと思います。
ジェネレーションギャップですね。
仮面ライダーと言えば藤岡弘、だろう、いや、要潤だろう、みたいな。
要潤の仮面ライダーも古いですかそうですか。

デイリーポータルZは、読み手に記事を読ませるという点で優れていると思います。
まずは記事の題材が優れています。
ニッチなところを突きながらも、読みたいと思わせるテーマが多いです。
見出しと1,2行のディスクリプションでサイトの訪問者を惹きつけるのが非常にうまいと感じます。
例えば、2011年11月12日のこの記事

タイトル:トイレが近くなる飲み物調べ
ディスクリプション:飲み物によってトイレに行きたくなる度合いは違うのか。2週間かけて確かめた。

どうでしょう。
アルコール類とかカフェイン類を飲むとトイレが近くなる経験は誰にでもあるかと思います。
しかし、では何を飲んだら最もトイレが近くなるか調べた人はいないでしょう。
しかも2週間もかけている。
となればこれはもう自然とマウスが動いてしまうというものです。

さて、記事の題材もさることながら、デイリーポータルZがより優れているのは、記事そのものの読ませ方だと思っています。
デイリーポータルの記事の特徴は、文章と写真が交互に配置されていることです。
普通、何らかの記事を書くときの考え方は、文章を主体に、写真をサブで、です。
でも、デイリーの場合、文章と写真が等位なんですね。
文章の補助で写真を使うというよりも、本文に写真を埋め込んでいるということができます。
ものによっては、流し読みするだけで大体の内容がわかります。
デイリーには写真を主体にしないと書けないような記事が多いことも確かなんですが、このサイトの記事を読み続けていると、写真を意識的に多用していることがわかってきます。
特にこの記事なんかは、写真なんぞ入れようがないんですが、それでも随所で配置しています。

写真を本文に埋め込むことのメリットは、写真がノイズと化さないことです。
そもそも、今のインターネット上のコンテンツにはノイズがかなり多いです。
「うわっ・・・私の年収低すぎ・・・?」のバナー広告とか、関連記事リストとか、本文以外の要素を盛り込んであの手この手で別の場所へ誘導しようとしてきます。
このブログにも、過去記事へのリンクやツイッターのガジェットなんかを配置してありますが、これらは本文とは関係のないノイズです。
日経ビジネスとかダイヤモンドのオンライン版なんか、右側にでる広告が動きます。
なんなんでしょうね、あれ。
そういうときはEasyReaderというChromeのエクステンションが便利だったりします。

閑話休題。
かくも昨今のインターネット上のコンテンツにはノイズが多いという事情を鑑みると、メインの部分とノイズの部分をはっきり分けるのがユーザーフレンドリーってもんです。
デイリーは比較的ノイズが少ないですが、それでも右側やページの上部・下部に別のページへの誘導リンクが張ってあります。
ここで申し訳程度に写真を貼るだけだと、その写真が諸々のノイズの一部になってしまいます。
写真を本文に埋め込んだデイリーポータルは、記事を読むのにストレスを感じません。
このストレスフリーで記事を読めるというのは今後、ますます重要になっていくかもしれません。

例えば今注目の電子書籍ですが、これが普及したあかつきには、出版社やメーカーは広告というノイズを送り込むことを考えるでしょう。
あるいは広告付きの廉価版と、広告ありの通常版を用意するかもしれません。
広告がなかったとしても、電子デバイスを使う以上、電池残量などの余計なことを考える機会が増えそうです。
そう考えると、紙の書籍にはしばらく一定のアドバンテージがありそうです。
電子書籍、僕にとってはあこがれなんですけどね。

ノイズと言えば、最近はフラッシュを使ったやけに重たい、それでいてどこに何があるのかわかりにくいウェブページが増えています。
大手企業やタレントの公式ページに顕著です。
阿部寛のホームページを見習ってほしいですね。




« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

twitter

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ