« Lang-8にありがちなこと | トップページ | サバゲーをする優雅な一日 »

2012年9月 1日 (土)

「ボケて」のクリエイティビティ

私が最近気に入っているウェブサイトの1つに、ボケてというのがあります。
大喜利の中でも写真で一言に特化したウェブサイトです。
ネット大喜利というのは個人が組織するか、そうでなければオモコロのゴミ中豆テストのようにポータルサイトのいちコーナーとして運営する、もしくはなんらかのキャンペーンの形で企業が箸にも棒にもかからないクソつまんねえのをスポット的にやることが多かったです。
いち企業が真面目に大喜利に特化したウェブサイトを運営している、というのがボケての新しいところだと思います。

7月に「デルタ版」にアップデートされるまでアドセンスがなかったので、営業的にはどういう位置づけで運営されているのかわからないです。
運営しているオモロキと言う会社は本業がウェブ制作だそうなので、宣伝になればいいやぐらいの感じなのかもしれません。
デルタ版になるまでしばらく重い状態で放置されてましたし。

そのボケて、最近は2ちゃんねるまとめなんかでもよく見かけるようになりました。
最近、こんなまとめを見ました。

---俺のboketeが全然評価されない件
http://vippers.jp/archives/6573637.html

ユーザ数が少なかったころに比べて相対的に1つあたりのボケの露出が少なくなり、したがって星が付きにくくなったことはどうやら事実のようです。
上で紹介されているスレの>>1さんのボケのように、なぜ星が付いていないのかわからないくらい面白いボケがたくさん眠っています。
一部のユーザーが評価される傾向になってしまうのは大喜利の宿命なんですかねえ。
感性の似た人をマッチングさせる、というのがコンセプトのサイトなんですが、それは今後の課題みたいですね。
ボケは好みの差が激しいので、これが実現したらかなり画期的なことなんですが。
余談ですが、好みの差が激しいゆえに、人のボケについて過剰につまらんなどと貶めている人を見ると、ああ、この人は大喜利やったことがない人なんだなあ、と思います。

ちなみに私は最高で星38個獲得しました。まあまあでしょ?
ユーザIDはこちらになります、評価していただくと泣いて喜びます。

上のスレでも話題に上がっていますが、一度評価されたボケが使いまわされてまた評価されるのは納得がいかないですね。
評価者も1日中張り付いてるわけではないし面白いものは面白い、ということなんでしょうけど。
最近では、これが広まっているせいか、犬や猿の画像のお題が出たらすぐに桃太郎関係のボケがつく傾向にありますねえ。
ひねりが欲しいところです。
最近で最も残念だったのはこれが200以上も星を獲得していることです。
こんなもんそういうボケで作られた画像やろが、画像で一言も何もないやん、と。
評価したやつは一から出直してこい、と。
そんな気持ちになりました。

ボケてが有名になるのは、直接に利害関係のない私でも嬉しいのですが、ボケる人がもっと増えて欲しいです。
消費するだけでなく、創ってほしい。
ちょっとURLが出てこないのですが、製作者も何かのインタビューでそういうことを言っていました。
キュレーションの名の下にしょうもないまとめが量産されてますが、創る人が正当に評価されてほしいものです。





« Lang-8にありがちなこと | トップページ | サバゲーをする優雅な一日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317035/46915460

この記事へのトラックバック一覧です: 「ボケて」のクリエイティビティ:

« Lang-8にありがちなこと | トップページ | サバゲーをする優雅な一日 »

twitter

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ