« 世界第1号のSurface | トップページ | 【書評】 『より良い外国語学習法を求めて』 »

2012年11月11日 (日)

中国大陸版Windows Phoneの「人脉」機能についてわかった3つのこと

WP(Windows Phone)の売りの1つに、People Hubというものがあります。
これは他の端末でいう連絡帳に相当します。
しかし、連絡帳にはない機能を有しているからこそ、People Hubなどと言い換えているわけです。
何かと言うと、TwitterやFacebookとリンクさせることができるのです。
友人の動向を閲覧したり、自分の動向を投稿したり、ということがこのPeople Hubからできるそうなのです。
連絡帳にSNSを結びつけたものがPeople Hubだと言ってよいでしょう。

さて、わたくし上のところで「できるそうなのです」と伝聞形を使いました。
WPを持っているのになぜ伝聞形で書いたのか。
TwitterやFacebookとリンクする機能が使えないからです。
日本語の情報を見ると、SNSとのリンクが云々という話が出てくるのに、私は愛機Lumia 610をあれこれいじってみてもアカウントを設定できる場所が見当たらないのでおかしいと思っておりました。
表示言語を英語に換えてみてもダメ。
調べてみると、どうも中国大陸で発売されているWPではリンクできないようになっているらしいのです。
ご存じの通り、中国大陸ではTwitterやFacebookへの接続が制限されているので、要らないといえば要らない機能なんですが。
しかし日本に帰省したときなんかにも同じ端末を使うわけで、特に不便ではないけど残念だなあと思っておったわけです。
せめて中国のSNSとつながったら面白いのに。

と思っていたところ、どうやら先日記事にしたLumia 510はなんと新浪微博、人人网、QQ空间という中国SNSのガリバーとつながるらしい(※)。
私の持っているLumia 610もLumia 510も、どちらもOSはWindows Phone7.5。
あれ、もしかしてこれ、610でもリンクさせる方法あるんじゃないの?と思って調べてみたところこんなことがわかりました。

  1. 正規の方法はない。
  2. 人脉代理」というソフトウェアを使えばリンクできる。が、脱獄が必要。
    Facebookとの接続口をなにやらいじる、という方法のようなので、中国版WPでもリンクする機能は奥底に眠っているらしい。
  3. Windows Phone 8でもリンク化。
    Lumia 510でできる以上、これは既定路線でしょうな。
    Windows Phone 7.5にアップデートが提供される予定のWindows Phone 7.8ではどうなるの・・・?

というわけで、中国大陸のWPはやや特殊なようです。
台湾や香港で売られるWPはどうなのかが気になるところ。
中国に住む日本人としては、TwitterもFacebookも微博もQQ空间も、全部フォローしてくれると大変にうれしいのだけれど。

※: 更具中国味 Lumia 510国行上架(威智网, 2012/11/08)





« 世界第1号のSurface | トップページ | 【書評】 『より良い外国語学習法を求めて』 »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317035/47804093

この記事へのトラックバック一覧です: 中国大陸版Windows Phoneの「人脉」機能についてわかった3つのこと:

« 世界第1号のSurface | トップページ | 【書評】 『より良い外国語学習法を求めて』 »

twitter

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ