« 上海ゲームブログで書いた記事(5月) | トップページ | JOYPIE(漕宝路店) Open Day 2014/07/03 »

2014年6月29日 (日)

ChinaAVG 2014/06/28

プレイしたゲームのログを残そうとふと思い立って、今後はブログにプレイレポートを書いてみようと思います。
いつまで続くかはわかりません。

以下、昨日参加したChinaAVGのレポートです。
007氏主催のゲーム会で、私以外の参加者は中国人ばかりです。

○BIRTH
Wp_20140628_10_56_56_pro

私が持ち込んだゲームで、この前のゲームマーケットで買ってきたBIRTHです。
007と1局、pingが来てから2局、基本ルールと上級ルールをプレイ。
基本ルールは運要素が強く、上級ルールの方がゲーマー向きですね。
手軽にできて戦略性も強いので何回かやってみたいです。


○Iglu Pop
Wp_20140628_12_33_31_pro

イヌイットの住居、イグルーを振って、中に入っている玉の数を予想し賭ける、というのを全プレイヤーが同時に行うアクションゲームです。
女王、007、自由、ping、私、あと一人名前不明で6人プレイ。
全くわからず、一番最初に手持ちのチップが尽きて最下位でした。
007がトップ。
得意/不得意が明らかに出ると思いますが、パーティゲームとしてはそれなりです。


○スマイリーフェイス
Wp_20140628_12_57_12_pro

女王、007、自由、ping、疍疍、土匪、私で7人プレイ。
とにかくサポートカードが凶悪で、それで一気に流れが変わったりします。
コツコツ積み立てた計画が一気に吹き飛ぶ台無し感を楽しむためのゲームだと思います。
途中で人が増えたので協議終了。


○印度飞饼
Wp_20140628_14_50_52_pro

007の自作ゲーム。
印度飞饼とは、薄く作ったインド風のパンのことです。
女王、Wendy、007、私で4人プレイ。
戦略を立てようにも立てられず、その場その場で最適解を探すしかないのが問題ですが、
細かなメカニズムよりも、プロット段階での問題を指摘できる人がいないのがツラいところです。
「飞饼」と「飛ばす」とをかけたギミックは悪くないと思うのですが。

○Tiki Topple
Wp_20140628_15_23_01_pro

トーテムポールを前後させて、自分の任務を達成させるのが目的のゲームです。
Wendy、女王、私で3人プレイ。
カウンティングすればそれなりに有利なのでしょうが、戦略があるのかないのかよくわかりませんでした。
2,3回やってみたかったのですが、評判が悪く1ラウンドで打ち切りに。
ところでこれはKanga Gamesから出ている版なのですが、元の版はコンポーネントがもっと豪華なようですね。


○Council of Verona
Wp_20140628_15_35_05_pro

女王が最近お気に入りの様子のゲームです。
カナイセイジさんを彷彿とさせるような特殊効果を肝としたゲームです。
カードには2種類あって、任務が書かれたカードと、特殊効果が書かれたカードです。
任務が書かれたカードはプレイヤーがビッドできるようになっており、
ゲーム終了時に任務が達成できていれば、ビッドしたプレイヤーに点数が入ります。

女王、007、自由、私、あと一人名前不明で、5人プレイ。
始めは何をしてよいのかさっぱりでしたが、ゲームが進むうちに他人の思惑が分かったりして面白かったです。
特殊効果が中心のゲームはとっつきにくいのであまり好きではないのですが、1回やったらそれを踏まえて何回かやってみたいところですね。

ちなみに、今回は毒薬と回復薬の拡張が入ったバージョンでしたが、こっちの方が圧倒的に面白いとのことです。

○疯狂99
Wp_20140628_16_04_12_pro

007、女王、自由、土匪、私とあと1人名前不明で6人プレイ。
カードに書かれた数字を足していって、99を超えたらバースト、ゲームから退出するという簡単なルールです。
運の比重が大きいパーティーゲームですね。


○モテねば。
Wp_20140628_17_04_48_pro

ゲームマーケットで買って私が持ち込んだゲームです。
Wendy、自由、私とあと一人名前不明で4人プレイ。
カードが結構使えそうだったので、1年目は2枚取りに行きましたが、自由に潰されて1枚のみ。
2年目はポイント重視に路線変更し、終了時点でトップの自由と15点差となんとか逆転可能圏内でしたが、
3年目のキューブの引きに恵まれず、最下位でした。
ゲームに負けることよりも、3年目にポイントを取れないことの方がずっと精神的にツラいです。


○神马东西
Wp_20140628_18_01_59_pro

ゲームのタイトルは、「いったい何なんだそれは」ぐらいの意味を表すネットスラングです。
カードには、「厳重に保管されている」「殻、毛皮、または鱗に覆われている」といった、あるものの性質が書かれており、それを順番に出していきます。
そうしてどんどん「あるもの」の性質がたまっていくわけですが、手番プレイヤーが「こんな性質を満たすものは存在しない」と思ったら、前のプレイヤーに質疑することができます。
質疑されたプレイヤーが「あるもの」について納得のいく答えを出せたら、質疑したプレイヤーが場に出ているカードを全部取り、失点とします。

女王、007、自由、氷点、私で5人プレイ。
女性たる女王が何回か下ネタに走っていました。
言語の壁が高く、私がぶっちぎって最下位でした。
発想力が試され、なかなか面白いパーティゲームです。


○ノア
Wp_20140628_18_32_01_pro

ノアの方舟に動物を載せて脱出させるゲームです。
女王、氷点、疍疍、Wendy、私で5人プレイ。
5人プレイだと冗長になりがちなようで、本来は何ラウンドかやるところを、1ラウンドで協議終了となりました。
適正人数は4人以下のようです。


最近百度贴吧で硬直吐皮さんが出版したと宣伝していた『劲爆篮球』があったのでやってみたかったのですが、
誰もルールをわかる人がおらず、自分で読んでみるとバスケ用語のオンパレードでさっぱりなので、とうとうプレイできずじまいでした。
基本的には持主がルールを把握しておくべきだとは思います。

終了は夜9時ごろでしたが、高校生の氷点くんがケンタッキーに寄ったところ学校の先生に見つかったそうです。
その後どうなったのかが気になります。


« 上海ゲームブログで書いた記事(5月) | トップページ | JOYPIE(漕宝路店) Open Day 2014/07/03 »

テーブルゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317035/56647181

この記事へのトラックバック一覧です: ChinaAVG 2014/06/28:

« 上海ゲームブログで書いた記事(5月) | トップページ | JOYPIE(漕宝路店) Open Day 2014/07/03 »

twitter

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ