« JOYPIE(漕宝路店) Open Day 2014/07/19 | トップページ | ChinaAVG 2014/07/26 »

2014年7月20日 (日)

ChinaAVG 2014/07/19

宜山路でChinaAVGの活動でした。
銀行でなんやかんや手続きしてたら存外に長引いて、午後の3時過ぎに到着しました。

○Mystery Express
Wp_20140719_16_09_52_pro

土匪、Ping、疍疍、私とあと一人名前聞き忘れで5人プレイでした。
ある鉄道で起きた殺人事件の真相を解明するという雰囲気のあるゲームです。
犯人・殺人の動機・方法・場所と犯行時間の5つが当てるべき情報です。
なかなか手がかりが集まらず、これは全部正解できるのか、と思っていたらルールが違っていたようです。
そんなわけで協議終了。
この手の推理ゲームは一部を間違えると連鎖的に影響が及ぶのがツラいですね。


○カツカレー喰ってる場合か!?
Wp_20140719_17_28_01_pro

上記の『Mystery Express』のメンバーで5人プレイ。
金銭感覚を試すゲームです。
本来は付属のお金カードを使いますが、当然日本円の価格帯なので、紙にメモをするオプションルールでやりました。
安いものにとんでもなく高い価格がついたり、高価なものに安い価格がついたりするのが面白いです。
後半になると、「ゴルフ会員権」など、そもそも元の相場を知らないよ!というものが出てくるのもいいです。

私が落札したカツカレーは確か500元でした。
疍疍は震災義捐金を破格の100元で落札。
政治家としては絶対支持されませんね。

ゲームは、勝利点が高いものを中心に、順調に落札したPingがトップ。
最後の「清き一票」は6000万元で落札していました。

○Pergamon
Wp_20140719_18_12_02_pro

土匪、Ping、疍疍、私で4人プレイ。
MYBGで注文したところ、輸入するまでに半年かかったり、引っ越ししたのを伝えていたのに前の住所に送られたりとトラブルがありましたがようやくプレイできました。
いや、あのショップも悪気はないんだとおもいますけどね・・・。

19世紀のトルコ・ペルガモン博物館を舞台にしたゲームです。
資金の要求と発掘・展示を繰り返し、主に計4回ある決算から得られる勝利点が一番高かったプレイヤーが勝ちます。
資金はだいぶカツカツなので、どこに力を入れるかが大事です。

私はコツコツと展示して細かく刻む作戦で行きましたが、それでも無駄なくタイルを組み合わせるのは簡単ではありません。
疍疍は溜めて一気に放出する作戦でしたが、それでも思うようには得点を伸ばせていなかったと思います。
Pingが高価値のタイルを効率よく展示しており、トップでした。

3人プレイだと資金に余裕が出るはずで、プレイ感がだいぶ変わりそうです。

○Mystery of the Abby
Wp_20140719_19_42_22_pro

土匪、Ping、疍疍、私で4人プレイ。
『Mystery Express』と同じ推理系のゲームです。
ブルーノ・フェイディッティらしい特殊効果満載で、気を抜くとカードが混ざって攪乱されてしまいます。
私が最初に犯人を見つけられたと思いましたが、メモをミスしており失敗。
土匪が名探偵となりました。

推理ゲームは『Sleuth』もやったことがありますが、時間がかかり、かつ1つミスをすると実質的にゲームから排除された状態になる点が好きではありません。
終わった後に、ゲームをやったという感じが残らないんですよね。
短くまとまっており、得点方法も工夫されている『春夏冬中』がこの手のゲームでは一番好きです。



« JOYPIE(漕宝路店) Open Day 2014/07/19 | トップページ | ChinaAVG 2014/07/26 »

テーブルゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317035/56843887

この記事へのトラックバック一覧です: ChinaAVG 2014/07/19:

« JOYPIE(漕宝路店) Open Day 2014/07/19 | トップページ | ChinaAVG 2014/07/26 »

twitter

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ