« ミスボド名古屋 2014/08/03 | トップページ | JOYPIE(漕宝路店) Open Day 2014/09/04 »

2014年8月25日 (月)

ゲームストア・バネスト MAYOR体験会 2014/08/24

「京都から幸せを運ぶアイドル」こと「やおよろズ」の選挙シミュレーションゲーム『MAYOR』の体験会が
タイミングよくバネストさんでありましたので、ちょっとしたごあいさつを兼ねて参加してきました。
メインでデザインを担当したまりえ先生が地方権力者の娘とのことで、
選挙活動の経験が豊富な分、ゲームの方もだいぶリアルに仕上がっているとのうわさを、
関西の方の体験会のレポートで見ていたので、大変に楽しみにしておりました。
私は3年前に選挙活動を経験しておりますゆえ。

まりえ先生の父親たる「地方権力者」が誰なのかが個人的には何よりも気になっていましたが、
そこには触れないだけのデリカシーはまだ持ち合わせています。


Wp_20140824_001

このゲームは協力ゲームで、全プレイヤーが同じ候補者の陣営となって7日間の市長選挙戦を戦います。
対立候補は1人なので、当選ラインは過半数です。
全投票数の過半数を獲得したら全員勝利、獲得できなければ全員敗北です。

選挙区は5か所あり、
人口は少ないものの支持率が上がりやすく、運動員も集まりやすいローカルな「呂軽村」選挙区、
ある程度までは支持率が上がりやすいが、あるラインを超えると伸びにくくなる、ニュータウンの「二悠町」選挙区など、
地域ごとの特色があります。

Wp_20140824_007

プレイヤーには「候補者」を含む7つの役職が割り振られます。
各役職には2つの基本的なアクションのほか、ゲームを通して1度だけ使用できる必殺技みたいなアクションもあります。
中には「個別訪問」(注1)、「裏電話」(注2)などのグレーなアクションも・・・。
グレーなアクションは効果が高い分、リスクもあります。

注1:
投票をお願いするために直接誰かの家を訪問する行為は「戸別訪問」として公職選挙法で禁止されている。
家の敷地内に入らなかったり、別件で訪問したついでに暗に投票依頼をほのめかしたりして言い訳する余地を作るのが「個別訪問」。

注2:
そういえばこんなんありましたねえ。

プレイヤーたちはそのアクションを、活動する前の日の夜に決めておくわけですが、
そう予定通りに行かんのが選挙なわけです。
当日の朝には必ず何らかのトラブルが起こります。

Wp_20140824_006

当日に候補者がダウンししたり、事務所で支援者と口論したり、怪文書をまかれたり、警察のガサ入れが入ったり、と様々な選挙あるあるが盛り込まれています。
これ考えるとき楽しかっただろうなあ。

プレイヤーたちは起きたトラブルを受けて当日のアクションを修正するわけですが、
朝は時間がないので制限時間が1分です。

Wp_20140824_008

修正できたら当日の選挙活動を行い、対応する効果を得ます。

この
前日夜→当日朝→活動
というサイクルを7日分繰り返し、投票日を迎えるというのがゲームの流れです。

Wp_20140824_004

これが私たちの最終的な地域別支持率(左が0%で、右に行くにつれて大きくなる)でした。
一番上の地域が驚異の支持率100%を達成していますが、ここは人口が一番少ない村なので、
票数を見たらそこまで美味しくはないです。
左に置かれている割合は地域別の得票率で、これはゲーム終了時に完全にランダムで決まります。

結果はというと、約1,600票差で惜敗でした。
どこかの地域があと1目盛増えていれば、という絶妙なラインです。
難易度調整が絶妙で、リベンジ意欲がわいてきます。

私はもともと、『パンデミック』みたいな協力ゲームはツボがよくわかりません。
というのも、途中で「脳みそ1つあればよくね?」と数人がひざを突き合わせてやる必要を感じなくなってしまうからなんですが、
このゲームは考えるべき要素が多いので、複数人で役職を分担しないと脳がパンクします。
あれこれと意見を出し合う必要性が初めて分かった協力ゲームでした。
プレイヤーが共用で見るシートにやや不便な部分を感じたのですが、今にして思えばむしろ少し不便な方が協力ゲームにはいいのかもしれません。

テーマの再現度はというと、トラブルカードの内容だったり、「選挙はがきは配ってもプラスにはならないけど配らないとその地域から文句が来てマイナスになる」だったりと、
選挙を知っていても知らなくてもニヤリとできるネタが随所に盛り込まれています。

とはいえ実際に選挙活動を経験した人がイメージする「リアルさ」とはベクトルが違うかもしれません。
例えば、選挙公約や政策の要素はゲーム中にほぼないので、「この地域ではこの政策をアピールしよう」とかいう選挙戦略の立て方はこのゲームではできません。
おそらく、ゲームが複雑になりすぎないよう除外した要素がいくつかあるのでしょう。
だからこのゲームはリアルさが足りない!という話ではなくて、選挙と言ってもいろんな切り口があるんだという話です。

このゲームをプレイして選挙に興味を持った方は、実際に選挙ボランティアをやってみるといいです。
少なくとも現場では歓迎してくれるはずです。
なにせ現場では常に人が足りないというのはこのゲームをやってみたら痛いほどわかるのでね。

これはぜひ1つほしいなあ。
でも買ったところで中国人相手には出せないんだよなあ。
多分今買わないと手に入りにくくなるしなあ。
ぐわあ。

ちなみにこの日の夜は別件で市議会議員選挙とかの話をしてました。
もうすぐ上海に戻りますが、今度日本に帰ってくるのは来年の4月のそのときですかね。


« ミスボド名古屋 2014/08/03 | トップページ | JOYPIE(漕宝路店) Open Day 2014/09/04 »

テーブルゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317035/57184019

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームストア・バネスト MAYOR体験会 2014/08/24:

« ミスボド名古屋 2014/08/03 | トップページ | JOYPIE(漕宝路店) Open Day 2014/09/04 »

twitter

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ