« 台湾のボードゲーム店「Kanga Cafe」 | トップページ | 騎士堡 2014/11/16 »

2014年11月 9日 (日)

ゲームマーケット2014秋 台湾ブース非公式情報

ゲームマーケット2014秋が来週日曜に迫っておりますね。
台湾ボードゲームデザイン(TBD)の勝手連団長を自任する私としては今回も台湾からの出展に注目しております。
2011年秋にスワンパナシアが、2013年秋にTBDが初出展しましたが、徐々に日本での台湾ゲームの認知度は上がっているように思います。
『タイワンスナックバー』『ランブルの森』『ダンジョンギルズ』『キャッスルクラッシュ!』あたりが有名でしょうか。
今回も楽しみにしている方は多いかと思いますが、なかなかまとまった情報がないです。
そこで私が非公式にいろんなところからまとめてみました。
あくまでも非公式です。予めご了承ください。



B02 BIG FUN・大玩卓遊
公式ウェブサイト:http://www.bigfungame.tw/
●ゲームマーケット実績
・かくにゃんぼう
・かくにゃんぼうサイコロ
・キャットテン
・ハイサイ!魔除けシーサー
・お城のダイスタワー(木製)

●今回新作
・ワンニャービスケッツ
・私はだ~れ?

調べてて気づきましたが、初出展がTBDより早く、2013春のようです。
実はかのエロチックなゲーム『デザイア』の会社でもあります。



E01 Homosapiens Lab
公式ウェブサイト:https://www.facebook.com/H.sapiensLab(Facebook)
●ゲームマーケット実績
・狼の血
・フラットキューブ
・フリップ9
・フライングゼブラ
・隣のオオカミさん
・モンスターよ、倒れろ!
・氷原危機
・雪花カタツムリ
・God's Move(共作)

●今回新作
・Fantasy World
・デザインタウン(共作)

多分初出展は2013秋のTBDブースですが、2014大阪では独立でブースを出しています。
デザインタウンはバネストの中野さんがネットラジオで言及していたやつだと思いますが、私も興味があります。



E02 Moaideas Game Design
公式ウェブサイト:http://blog.moaideas.net/
●ゲームマーケット実績
・魔女ハンターパニック!
・ピラミッドレイダーズ
・東方酔符宴
・ダンジョンギルズ
・God's Move(共作)

●今回新作
・League of Hackers
・デザインタウン(共作)

調べて初めて知りましたが、2011年秋が初出みたいです。
その後、2013春・2013秋・2014大阪・2014春と出ていてかなり積極的に出展されています。
2014春ではかの問題作『スライムアドベンチャー』を、委託を受けて販売していたところです。
今回新作のLeague of Hackersは今年のEssenで、TBDブース内で出展されていました。



E03-04 台湾ボードゲームデザイン
公式ウェブサイト:http://tbdgames.wordpress.com/
●ゲームマーケット実績
(略)

●今回新作
公式情報なし

台湾のデザイナーが集まって作っている団体です。
2013秋が初出展で、その後は2014春に出展しています。
過去2回は企業ブースでしたが、今回は大幅にスペースを縮小して一般ブースで出展しています。
以下の8種類のゲームの再販の他、「ミープルアットハートTシャツ」を販売するそうです(ほしい)。

・アイスクリームコンボ
・猫ちゃんの肩車
・Kaiju
・ヒマワリは誰ですか?
・ランチタイムバトル
・狼の血
・フリップ 9
・スノーフレークのカタツムリ




E05 Jazz Tapir
公式ウェブサイト:http://www.jazztapir.com/
●ゲームマーケット実績
・猫ちゃんの肩車
・ハロー!台湾
・Kaiju
(全てハロー!工房名義)

●今回新作
・モンスターキューブ
・わんわんサーカス
(いずれもハロー!工房名義)

初出展かな・・・と思いきや、ハロー!工房のAzaさんが関わっている会社みたいです。
ハロー!工房は2013秋にTBDで、2014大阪に独立で出展しています。
Jazz Tapirはウェブサイトを見た感じ、教育系ボードゲームの会社のようですが、今回はJazz Tapir名義のゲームの出展はあるのでしょうか。
ウェブページでは予約が始まっているものの、まだゲームマーケットのブログでの発表はないですね。



E37 神遊会社 Godyu. Ltd,.
公式ウェブサイト:https://www.facebook.com/TheWonderfulIsLand
●ゲームマーケット実績
・靴を飛ばせ

●今回新作
激闘台北町(共作)

2013春にTBDブース内で出展していました。
台湾では他に『美麗島風雲』『翻桌吧!溫蒂妮小姐』を出していますが、どの作品も台湾政治への風刺をテーマにしているのが特徴です。
一般受けはしないと思いますが、コアなファンは付きそうです。

今回出展する新作は『激闘台北町』、Emperors4との共作です。
11/29に台湾で選挙があるので、時事性があります。
ルール見せてもらいましたが、内容はバッティング+エリアコントロール(?)と言った感じです。
個人的には結構楽しみです。



○F03 Emperors4 × 天空樹
公式ウェブサイト:
http://www.boardgamelove.com.tw/
http://weibo.com/njtks(新浪微博)
●ゲームマーケット実績
・ランブルの森
・王の使用人
・ヒマワリは誰ですか?
(いずれもEros Studio名義)

●今回新作
激闘台北町(共作)

Emperors4と天空樹の共同出展。
Emperors4は過去にEros Studioの名義で2013秋・2014春とTBDブース内で出展していました。
天空樹は、中国大陸で有名な南京のボードゲームバー「小雪的客庁」を運営するSchwein Gamesが新しく開店準備を進めているボードゲームバーです。
今回、南京のデザイナーのゲームを持ち込むという噂ですが、どうなのでしょうか。
2014春のときもそういう話があったような。



I21 Sneakybear & LPOMC
公式ウェブサイト:https://www.facebook.com/SlimeAdventure(Facebook)
●ゲームマーケット実績
・スライムアドベンチャー(委託販売)

●今回新作
公式情報なし

かの『スライムアドベンチャー』を2014春に販売委託していましたが、満を持して初出展となりました。
このゲーム、エロ禁止というゲームマーケットの規定ギリギリに挑戦している気がしてなりません。
いや未プレイなんですが。




台湾から出展のブースは以上で全てだと思います。
この他、A01 アークライトゲームズのブースで、Moaideas Game Designの『ダンジョンギルズ』日本語版を販売するとのことです。
そう言えば今回はスワンパナシアが出展していないですね。





« 台湾のボードゲーム店「Kanga Cafe」 | トップページ | 騎士堡 2014/11/16 »

テーブルゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317035/57934967

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームマーケット2014秋 台湾ブース非公式情報:

« 台湾のボードゲーム店「Kanga Cafe」 | トップページ | 騎士堡 2014/11/16 »

twitter

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ