« 国父紀念館のあたりで諸々 2014/10/25 | トップページ | ゲームマーケット2014秋 台湾ブース非公式情報 »

2014年11月 9日 (日)

台湾のボードゲーム店「Kanga Cafe」

1か月間、台北に出張に行っておりました。
上海に帰ってきたら、寒すぎて凍え死にそうです。

今回、ボードゲームショップはあまり回れなかったのですが、3店舗だけ回れたので紹介します。

Kanga Cafe
オーストラリアと台湾に拠点がある会社「Kanga Games」の旗艦店です。
Kangaは『ウィウィルロックユー』や『スノルタ』などのパーティゲームや、低年齢向けのゲームのリメイク・代理販売に強みがありますが、『ハイソサエティ』などゲーマーが楽しめるラインナップもあります。
ボードゲームと並んでパズルも扱っています。
南京のショップ「小雪的客庁」とも関係が深い会社です。

Wp_20141102_13_22_42_pro ライトな感じのデザインが特徴的なKangaのゲーム

店内ではKangaのゲームが買えるほか、テーブルが4卓あり、ボードゲームカフェとして飲み物や食べ物を提供していたりゲームを貸し出していたりもします。
Kangaのゲームは日本ではあまり見かけないので、思わぬ掘り出し物があるかもしれません。

Wp_20141102_13_22_48_pro テーブルと商品展示棚
Wp_20141102_13_24_14_pro 在庫処分・絶版商品のセールエリア。詳しい人なら掘り出し物を見つけられるのかも。
Wp_20141102_13_38_27_pro 入口横にはKangaの扱うパズルが置いてある

私が尋ねたときはオーストラリア人(?)の男性と台湾人の女性のスタッフがいました。
中心エリアから離れているからか、日本人客は珍しいみたいですが、英語が通じるので行ってもいいと思います。

Wp_20141102_13_55_45_pro

こんな感じのローカルなエリアにあり、本当にこの辺りにボードゲームショップがあるのかと不安になりますが、地図を信じてください。

Wp_20141102_18_12_33_pro 左:セールで買ったアラン・R・ムーンの『Clocktowers』。お値段200台湾ドル(約600円)也。
右:Kangaのカタログ。表紙はKanga版『スノルタ』。


卡牌屋(台北店)

Wp_20141102_15_08_41_pro_2

何も買わなかったし店員さんとも話さなかったので店内写真なし。
輸入した英語版やスワンパナシアの中国語版ゲームなどが置いてありました。
日本にもあるような、ボードゲーム店らしいボードゲーム店です。
珍しいところでは、Board Game Geekのボードゲームや3Dカタンがありました。
3Dカタンは値札がついてないので、交渉次第といったところなのかもしれません。


8楼聚会空間

Erosに教えてもらったプレイスペース。
まあ外国人が来るようなところではないと思います。

Wp_20141102_16_31_41_pro ゲームラインナップ。店内が暗かったので映りが悪い・・・。

休日なのでだいぶにぎわっていました。
夕方4時ごろに行ったのですが、8~9割ほどの入りでにぎやかでした。
男女比率は7:3ほどと言っていたので、プレイヤーの性別比は日本と同じくらいでしょうか。

○おまけ

Wp_20141019_15_47_05_pro

台湾プロ野球の総冠軍賽(NPBでいう日本シリーズ)の第2戦を観てきました。
大陸と比べて台湾のうらやましいところは野球があることです。
来季はCPBL TV契約するかもしらん。
ネットワークが許せば・・・。


« 国父紀念館のあたりで諸々 2014/10/25 | トップページ | ゲームマーケット2014秋 台湾ブース非公式情報 »

テーブルゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317035/57932444

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾のボードゲーム店「Kanga Cafe」:

« 国父紀念館のあたりで諸々 2014/10/25 | トップページ | ゲームマーケット2014秋 台湾ブース非公式情報 »

twitter

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ