« 騎士堡 2014/12/07 | トップページ | 一〇八問一〇八答大喜利(2014年年末版) »

2014年12月15日 (月)

上海テーブルゲームの会 2014/12/14

1人、メールで連絡をくれた方がいて、その方が日曜の都合がいいというのでやりました。
・・・なんですがその人がなんか予定があるとか言い出して結局来られないことになりました。
前回参加してくださったKaoriさんがご友人のフェニさんを呼んでくださり、楠本唯さんと合わせて今回も4人でした。
初めての人を誘うのにぴったりの場所があった!とひらめいて、場所は魔袋卓遊体験館(Asmodee China)。

○孫子兵法 Sun Tzu
Wp_20141214_13_50_27_pro

まだみんなが来る前の待ち時間で、Asmodee Chinaのエライ人、金属城堡にルールを説明してもらって、饅頭さんとプレイ。

確か先日のエッセンで発表されたゲームで、2人専用です。
カードを伏せて一斉に公開する陣取りゲームです。
序盤は特殊効果のあるカードがありますが、終盤は基本カードしか残らなくなります。
序盤は運要素を含む基礎固め、終盤は読み合いで勝負といった感じでしょうか。

特殊効果をうまく使った饅頭さんの圧勝。
私は特殊カードのデメリットを怖がりすぎました。

面白かったですが、2人ゲームはなかなか出番が・・・。

○ガイスター Geister
哈里発さんが作っているというゲームを見せてもらったりしていたところ、フェニさんが来たので、ガイスターをやりました。

ボードゲームは経験なしというフェニさんでしたが、結構追い詰められました。
終盤、フィニさんは青の幽霊を出口から逃がすか、出口に接近している私の幽霊を倒すかの二者択一。
フィニさんはすでに私の赤幽霊を3体倒していたので、もう無駄撃ちはできない状況でしたが、もし出口に接近している幽霊が青だったらフェニさんの幽霊より早く到達してしまう状況。
ここでフェニさんは私の幽霊を倒す選択をしましたが、それは赤。
危ないところで勝たせてもらいました。

○モンスターチェイス! Monster Chase!
Wp_20141214_15_08_46_pro

子供向けの記憶系協力ゲームですが、そういうものほど意外と盛り上がったりするもの。

1局目はフィニさんと2人プレイ。
序盤中盤でお手付きが多く、あっさり負け。

1局目が終わったところでKaoriさんが来たので、2局目は3人プレイ。
こちらは序盤の手探り状態でも引きがよく、無事勝利となりました。

人数が多いほど脳が増えて簡単になるので、大人はソロプレイすべしという気もします。

○ディクシット Dixit
Wp_20141214_15_29_56_pro

楠本唯さんも来たところで、ディクシット。
私は初プレイでしたが、国籍の差があるのであんまり凝ったお題が出せなかったのが残念です。
写真は確かフェニさんの「思考」で、正解は一番左だった気が。

Kaoriさんが30点一番乗り。

○海上丝路 Handelsfuersten
Wp_20141214_16_45_22_pro

前回、「同じ色は何枚でも出せる」という大事なルールを忘れていたので再戦。
特許状作戦のKaoriさん、交易所+労働者と船5艘の楠本さん、交易所+労働者と船3艘の私で、フェニさんは終盤まで買い物なし。

Kaoriさんが優勢かと思っていましたが、中盤で私が4,5枚一気に出した後に、下家のKaoriさんがそれに乗っかるというパターンが2,3回あったので、そこで逆転していたようです。
私がトップでした。

○ハイソサエティ High Society
Wp_20141214_17_29_59_pro

1局目は2分の1を2倍カードで相殺した楠本さんがトップで、2倍カードに大枚をはたきすぎたのと泥棒カードを押し付けられたフェニさんが破産。
私は破産を恐れすぎました。

2局目は私が1ポイント差で破産しフェニさんがトップ。
泥棒に備えて1を買ったりしていましたが、泥棒が出たときにみんなが思ったよりお金を使ってくれなかったのが敗因です。

○チケットトゥライド Ticket to Ride
Wp_20141214_19_28_45_pro

赤の楠本さん、黄色のKaoriさん、青のフェニさんで私の黒。
序盤はカードを黙々と溜める展開でしたが、均衡を破ったのはKaoriさん。
5枚を使う大型路線を西部に完成させます。
私も負けじと6枚のを西部に。
楠本さんとフェニさんも東部から建設を開始します。

Wp_20141214_18_49_27_pro

私は中盤で目的地を達成したので、新たに2枚入手。
どちらも北部のWINNIPEGから始まる路線でしたが、これが誤算。
Kaoriさんとフェニさんが凶悪なブロック。
どうにかこうにか回り道をするチケットを入手するも、フェニさんが終了フラグを立てて建設ならず。

3つの目的地達成と見事な一本道を作った楠本さんがトップでした。

締めは香港名都5階の火鍋。
国際結婚した夫婦の食い違いとかそんな感じの話を中国人3人メインでしてました。

« 騎士堡 2014/12/07 | トップページ | 一〇八問一〇八答大喜利(2014年年末版) »

テーブルゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317035/58278841

この記事へのトラックバック一覧です: 上海テーブルゲームの会 2014/12/14:

« 騎士堡 2014/12/07 | トップページ | 一〇八問一〇八答大喜利(2014年年末版) »

twitter

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ