« ワイン会 2015/06/05 | トップページ | 【書評】境界の民 »

2015年6月14日 (日)

魔袋卓遊体験館(Asmodee China) 2015/06/13

久々に1人でAsmodeeに行ってきました。
どうも4か月ぶりのようです。
遊んだゲームは『レディース&ジェントルマン』『ネイションズ:ダイスゲーム』『P.I.』『サンクトペテルブルク セカンドエディション』。

○レディース&ジェントルマン Ladies&Gentleman
Wp_20150613_14_09_58_pro

本来は男女ペアで夫婦を演じるという一風変わったゲームですが、今回は無視して男同士で組んでたりしました。
ゲーム性の方はツボがいまいちよくわからず。
買い物をねだる妻とケチりたがる夫というテーマの再現度は高いと思いますが、どこかのフェミ団体から偏見だとクレームが来そうです。

○ネイションズ:ダイスゲーム Nations:The Dice Game
Wp_20150613_15_42_21_pro

本家『ネイションズ』の方は未プレイです。
重量級のゲームというイメージがあったのですが、それがお手軽ダイスゲームになったとのこと。
確かに1時間もかかってないと思います。
それでいてサイコロを振りなおしたり資源をやりくりしたりというのはなかなか楽しかったです。
しかし国の違いとか建物の名前とかはフレーバーでしかないですね。

Wp_20150613_15_42_41_pro_2

○P.I.
Wp_20150613_16_21_37_pro

この手の推理ゲームは推理が早い者勝ちなので、完全にはわかりきっていなくてもどこかでエイヤといかなきゃならない場面がありますが、
このゲームの場合は誰かが当ててもラストプレーヤーまで回るので、しっかりと情報を集め切るパターンが多い気がします。

○サンクトペテルブルク セカンドエディション Sankt Petersburg Second Edition
Wp_20150613_18_46_15_pro

サンクトペテルブルクの新版です。
初版は1回だけやったことがあります。
初版は貴族作戦がやけに強かった印象がありますが、点数配分が調整されているとのことです。
また、農産物の所有数で点数が入るという新しい要素が増えました。
今回はこれで順位がダイナミックに動いていたように思います。
4人プレーでしたが、最後は2点差以内に3人は収まる接戦でした。


« ワイン会 2015/06/05 | トップページ | 【書評】境界の民 »

テーブルゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317035/60382463

この記事へのトラックバック一覧です: 魔袋卓遊体験館(Asmodee China) 2015/06/13:

« ワイン会 2015/06/05 | トップページ | 【書評】境界の民 »

twitter

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ